2006年12月16日

12月9〜10日の興行成績・武士の一分好調・NANA2に失望

December 9--10, 2006 1ドル= 116.344円       
今 先  累計興収  週末興収 Screens 週 題名              
1 - *,496,411,111  496,411,111  401 1 硫黄島からの手紙
2 1 1,140,713,260  263,749,288  384 2 武士の一分
3 2 *,815,869,979  192,930,579  444 2 007/カジノ・ロワイヤル
4 - *,168,889,371  168,889,371  317 1 NANA2
5 3 4,634,873,180  148,975,118  299 6 デスノート the Last name
6 - *,112,656,128  112,656,128  441 1 オープン・シーズン
7 4 1,278,346,105  *86,891,167  296 4 プラダを着た悪魔
8 - *,*55,540,415  *55,540,415  116 1 ふたりはプリキュア Splash Star/デジモンセイバーズ      
9 9 *,216,753,991  *35,888,285  207 3 ありがとう
0 - *,*31,856,849  *31,856,849  *99 1 王の男


武士の一分は順調そのもの
「武士の一分」〜12/10(日)の10日間
98万1767人 11億4071万3260円 384scr

ですから11日間で100万人到達したと考えて。
100万人到達日
北の零年    公開12日目(興収27億)
電車男     公開16日目(興収37億)
ローレライ   公開17日目(興収24億)
亡国のイージス 公開18日目(興収20.6億)
三丁目の夕日  公開19日目(興収32.3億)
星になった少年 公開24日目(興収23億)
県庁の星    公開20日目(興収20億)
涙そうそう 公開10日間(興収30億)
デスノート前編 公開15日目(興収28億)

武士の一分20億超えは余裕、30億に届くか超えるかというところ。


木村拓哉は主演俳優としての責任を果たしたといえるでしょう。


それにくらべるとNANA2は悲惨なことになっています。

「NANA2」オープニング興収1.7億円。前作(最終興収40.3億円)対比31%。


似たオープニング成績の作品は・・・

1.9億のプラダを着た悪魔(現在12億)
1.8億のUDON(興収13億)

・・・どうもNANA2はUDONパターンのような気がしてくる。この不調の最大の原因はキャストの変更もあると思うが、あきらかに撮影して完成させて公開する期間の異様なまでの短さにあるのは間違いない。


前作は中島美嘉の曲が世間に浸透していくだけの時間がたっぷりあり、宣伝もよく練られた感があったが、今作はすべてにおいて時間がなく、あわてて作ったというのが透けて見える。


それでも東宝は製作から公開があっという間の電車男で成功しており、旬を逃さないためにも電車男と同じ手法で公開したのだと思うが、ものの見事に失敗した。


ここは旬を逃す危険性よりもじっくり宣伝期間をとって公開すべきではなかったか?


いずれにしろ最近の東宝はやることなすこと裏目にでる。来年が不安でならない。


posted by シンジ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画興行収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

2007年度の東宝ラインナップに一抹の不安

2006年度東宝興行収入

1月〜11月 累計興行収入 559億5千万円 (前年比112.3%)

この成績は1月〜11月・11ヶ月間の累計成績で過去最高記録となっています。
また過去の年間興収記録である548億5千万円(2001年)をすでに越え、年間興行収入の歴代1位となっております。→http://www.toho.co.jp/

まぁ凄いとか言いようがないんだけど、今年東宝は興収10億円以上の作品が15本あったそうで

1.ゲド戦記=76.5億円
作品的にはボロクソに叩かれたけど、やっぱジブリブランドは凄いわ。でも宮崎吾郎の二度目はないな。(二度目があったらジブリ終わっちゃうよ)

2.LIMIT OF LOVE 海猿=71億円
確か前作は20億に届いていなかったはず。フジTVの力(ドラマ化)があったとはいえ70億超えなんて誰一人予想しなかった。

3.THE有頂天ホテル=60.8億円
この有頂天ホテルの大ヒットには誰もがあ然とした。この作品と海猿の大ヒットであきらかに日本映画の風向きが変わった。

4.日本沈没=53.4億円
この作品も上記二本の映画の追い風を受けた。

5.劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ=34億円

6.ドラえもん のび太の恐竜2006=32.8億円
今年は日本映画(実写)のヒットが多いから隠れてはいるものの、東宝を支えているのは昔も今もアニメ映画です。ポケモン、ドラえもん、コナンがあるかぎり東宝は多少のぐらつきがあっても持ちこたえます。

7.涙そうそう=30.6億円(見込み)
東宝の看板、長澤まさみ姫の面目を保つヒットに一番ホッとしているのは秋口まったくヒットのなかった東宝かもしれません。

8.名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌=30.3億円

9.トリック−劇場版2=21億円
来年度もTVドラマの映画化は続きます。作品の評価はともかく、こつこつ20億かせいでくれるのはありがたいでしょう。

10.県庁の星=20.8億円
織田裕二単体の興行力はこんなものですか・・・いやほめているんですけど。

11.あらしのよるに=18.8億円

12.映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ=13.8億円
最近クレしん映画観てないなぁ・・・もう原恵一が撮ることはないんだろうな。

13.UDON=13.6億円
でました!フジTV映画が傾き始めたきっかけでもあり、それと同時に東宝の興行成績がガクンと落ちていく不吉な前触れとなった愚作です。

14.嫌われ松子の一生=13.1億円
中島映画はもっとヒットしてもいい。次回作が楽しみ。

15.チェケラッチョ!!=10.8億円


2006年度の東宝映画は予想をはるかに上回る化け方をした作品が多数でた。では2007年度のラインナップを見てみよう。


2007年度
1月13日公開 愛の流刑地
東宝が狙っているのは失楽園の再来だろうが・・・厳しいだろう。

1月20日公開 それでもボクはやってない
周防正行監督11年ぶりの新作。個人的にはすごく期待していますが、興収的に爆発は期待できないかと。でも大ヒットしてほしい・・・。

1月27日公開 どろろ
さすがに大コケはないと思いますが、製作費を考えると30億は超えたいところ。

2月10日公開 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
・・・えーっと・・・バカにしてんのか!?こんなのヒットするわけないだろう!こんなバカな企画考えた奴頭おかしいだろ!?・・・以上。

3月17日公開 アンフェア the movie
TVドラマの映画化ですね。正直まったく興味ないんですが、まぁそこそこ稼ぐでしょう。

5月12日公開 眉山
監督犬童一心のことは尊敬かつ信頼もしていますが、キャストが松嶋菜々子、大沢たかおというのは微妙。犬童は作家性の強い作品(ジョゼと虎と魚たち、メゾンドヒミコ)では絶大な力を発揮しますが、商業作品(タッチ)では力を発揮できないのでは?

6月16日公開 舞妓 Haaaan!!!
これはある意味興行的には見ものですね。ヒットするか、大コケするか、クドカン宮藤官九郎にどれほどの力があるのか楽しみ。

初夏公開 そのときは彼によろしく
ハイきました。長澤まさみ姫の新作です。原作がいま会いにゆきますの市川拓司。そっち系のお話ですか・・・正直もう純愛ものは終わったと思うんですが。俺はもっと芸術的に評価されるような作品にまさみ姫に出てもらいたい。あと20世紀少年にまさみ姫が出演するというのはガセだったんですかね?

7月14日公開 西遊記
9月公開   HERO
結局このTVドラマ二本が今年の東宝の目玉なんでしょうか?だとしたらさびしいもんです。確実にヒットはするでしょうが、映画ファンとしてはどこかで(大コケしろ!)と念じています(笑)
 
11月公開 ALWAYS 続・三丁目の夕日
映画ファン的にはこれが大本命といいたいところ。ただひたすら出来がいいことを祈るしかない。

12月公開 椿三十郎
この作品もとが傑作なだけにどうしようもないとは思うんですが、森田芳光の確変に期待するしかない。

冬公開 銀色のシーズン
海猿を大ヒットさせた羽住英一郎監督の新作はスキー映画・・・興味ね〜。


さてこの中で確変しそうなのは・・・・・希望と映画愛をこめて「それでもボクはやってない」とファンとして祈るような気持ちで「そのときは彼によろしく」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」はもしかしたら前作をはるかに超える大ヒットになるかも。

今年の秋口から東宝絶不調が続いているが(NANA2も大コケ)来年の興行界はかなりきびしい年になるだろう。
posted by シンジ at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画興行収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

一番クリーンな映画祭・第28回ヨコハマ映画祭・蒼井優主演女優賞は当然!

第28回ヨコハマ映画祭の各賞が決定した。
http://homepage3.nifty.com/yokohama-eigasai/

ヨコハマ映画祭ベスト10

1位ゆれる       西川 美和

2位フラガール     李 相日

3位嫌われ松子の一生  中島 哲也

4位雪に願うこと    根岸 吉太郎

5位かもめ食堂     荻上 直子

6位ヨコハマメリー   中村 高寛

7位ストロベリーショートケイクス 矢崎 仁司

8位やわらかい生活   廣木 隆一

9位博士の愛した数式  小泉 堯史

10位時をかける少女   細田 守

次点紙屋悦子の青春   黒木 和雄


作品賞「ゆれる」

ようやく「ゆれる」がきてくれてホッとする。スポーツ新聞の映画賞はくだらない政治力が左右してそうで、いままでゆれるは完全に黙殺されていたけど、さすが映画ファンによる映画祭を自認しているだけあって今年の映画賞初制覇。

監督賞・西川美和

今年の映画賞はもう西川美和が全部持っていけばいいと思う・・・可愛いし。

新人監督賞・中村 高寛

脚本賞・西川美和

この脚本賞も当然の受賞。これほど高度な脚本はめったにないです。

撮影賞・石井勲(ストロベリーショートケイクス)

こういう地味な映画のカメラマンに賞をあたえるところがヨコハマ映画祭のいいところだなぁ。

主演男優賞・香川照之(ゆれる)

主演男優賞の選び方をみれば政治力や芸能事務所のしがらみなどまったくないことがわかるでしょう。普通であれば渡辺謙であるはずなのに香川照之。当然です。彼はそのキャリアで最高の演技をみせてくれたのですから。

主演女優賞・蒼井優(フラガール・ハチミツとクローバー)

よしっ!これで蒼井優初主演女優賞!ヨコハマ映画祭は神!フラガールの主演女優は事務所の力関係で松雪泰子になってますけど、誰がどう見ても主演女優は蒼井優ちゃんで、松雪は助演です。それを無理やりねじまげるところに日本の芸能界の腐った部分が見え隠れしますが、ヨコハマ映画祭はそんなこと知ったこっちゃないとばかりに蒼井優ちゃんを選びました。さすがです!

助演男優賞・笹野高史(寝ずの番など)

笹野さんよかったです。(来年の分だけど)武士の一分は最高でした。

助演女優賞・中村優子(ストロベリーショートケイクス)
吹石一恵(雪に願うことなど)

中村優子!!!大好き!「ストロベリーショートケイクス」の中村優子は神です!こんなにも美しく才能のある女優をいままで知らなかったということが恥ずかしい。でももう既婚者らしいのでガックリ。

最優秀新人賞・松山ケンイチ(デスノート、男たちの大和)

松ケンまた取ったな。角川春樹に気に入られていることが吉とでるか凶とでるか(笑)


不満があるとすればオダギリジョーの扱いかな。主演が香川照之なら助演はオダギリでいいんじゃないか?それくらい「ゆれる」のオダギリはすごかったから。


俺の中では今年の凄い演技賞はオダギリジョーと香川照之ふたりのセッション・・・というよりふたりの激突が生んだ奇跡の瞬間「ゆれる」での面会シーンだと思う。見逃した人はDVDでもいいからぜひ見るべき。
ゆれるの批評はこっちです
posted by シンジ at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする