2006年12月13日

衝撃ドラゴンクエスト9は任天堂陣営へ!ソニー脂肪

h-103_64336_500.jpg (〓〓〓〓).jpg


いや〜映画とサッカーのブログなのになんでこんなこと書いているんでしょうか?


でもそれぐらい衝撃的なニュースなので。えっ!?たかがゲームソフトでしょ?・・・という人は甘いな。


ドラゴンクエスト9がNINTENDO DSででるということはゲーム史的にもビジネス的にもビッグバン級の大事件なんですよ!


俺みたいな素人の説明よりこれを読んでみてください→発熱地帯


とくにこの
・据置→携帯シフトが進んでいる。据置ゲーム機に未来は無い。

・日本最大のオンラインゲームプラットフォームは今やDS(ライトユーザーの数、ボイスチャット標準、ローカル無線通信でネット環境が無くても近い遊び方が可能)。

・北米でも携帯ゲーム機市場が拡大していて、トップシェアはDS。

の3点が大きいかと。


やっぱ堀井雄二さんは凄い人だな。堀井雄二という一人の傑物の決断でこれまで様子見だった人たちもなだれをうって任天堂DS陣営に駆け込みそう。


この決断で事実上SONY PS陣営は完全に終わったとみていいでしょう。もうすでにPS2は終わりつつあり、PS3は始まる前に終焉しました。


いや〜でもこういうドラマティックな争いって大好き!もともと三国志好き、仁義なき戦い好きなものですから、いままでソニー陣営の後塵を拝してきた任天堂のすさまじい逆襲劇、そしてこの慈悲のかけらもないとどめの一撃にしびれる!
h-103_64356_11.jpg.jpg
スクウェア・エニックス和田組長と任天堂岩田組長がガッチリ握手。岩田組長がソフトの発表会に駆けつけ、コメントを出すのは極めて異例。『ドラクエ』シリーズの影響力の強さがあらためてわかる。(ファミ通.COMより)

これがいわゆるとどめの握手というやつです。仁義なき戦いでいうところの小林旭扮する武田が明石組に対抗するために神戸の神和会と縁組をし、菅原文太扮する広能昌三を破門においこむ・・・・えっ!?たとえがわからない?・・・つまりそれくらいすごいってことだけはわかってつかぁさい。


もっとわかりやすく言うと・・・いままで苦渋をしいられてきた任天極道が広域暴力団疎弐異(ソニー)組にむかってこう言い放ったのです。


「任天極道は芋かも知れんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで」


これに対し疎弐異組は


「おどれら、吐いたつば飲み込まんとけよ!」

と言ったと伝えられています−民明書房刊「ある勇気の記録」


これからもこのゲーム抗争からは目が離せない。


一応ゲーム動画と画面を置いておきます。
h-103_64336_dq1.jpg.jpg
h-103_64336_dq2.jpg.jpg



posted by シンジ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

男と女

123 名前:( ´∀`)ノ7777さん[sage] 投稿日:2006/11/09(木) 04:26:25 ID:nMNG+lO9
<女と言う生き物>
  うん。=いや。
  いや。=うん。
  たぶん。=だめ。
  私たちに必要よ。=私が欲しいの。
  あなたが決めて。=答えはもう分かってるでしょ?
  話し合いましょう。=文句があるのよ。
  それでいいわよ。=私は不服よ。
  この台所使いずらいわ。=新しい家が欲しいの。
  私のこと愛してる?=買いたいものがあるの。
  もうちょっとで準備できるんだけど。=まだまだ時間かかるわよ。

<男という生き物>
  ハラ減った。=ハラ減った。
  眠い。=眠い。
  疲れた。=疲れた。
  うん。その髪型いいね。=前の方がよかったような。
  その試着した服良く似合うよ。=なんでもいいから早く選んでくれ。家に帰りたい。
  映画でも見に行かない?=終わったらエッチしたい。
  晩ゴハンでもどう?=終わったらエッチしたい。
  退屈だな。=エッチする?
  愛してる。=エッチしよう。
  俺も愛してるよ。=よし、言ったぞ。さあエッチしよう。


んな、みもふたもない(苦笑)


でも事実だけどね!


・・・・・最近は阿部移籍するだの、しないだの、で踊りつかれたよ。


posted by シンジ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

幸や不幸はもういい。自虐の詩・映画化(動画あり)

業田良家作「自虐の詩」が堤幸彦監督、主演中谷美紀、阿部寛で映画化されると聞いて愕然とする。


なんちゅう無謀なことを・・・。


何が無謀かって業田良家のギャグ4コマ漫画を映画化することが無謀だと言ってるんじゃない。


この漫画史上に燦然と輝く大傑作にして不朽の名作を映像化できるのかよ?という無謀である。


いや、俺もこの作品を連載当時から読んでいたわけではなくて、例のごとくBS漫画夜話でいしかわじゅんと呉智英が激賞してるのを見てほいほい買ってきてしまったのであるが(だってこの日本を代表する鬼ふたりが号泣するって言うもんだから)


で・・・俺も読んで鼻水だだもれ、涙腺決壊。それだけじゃなく人生とはなんであるかという哲学さえ、もうこの自虐の詩に影響されまくり。


竹書房文庫の上下巻なんだけど上巻はなんてことのない4コマギャグマンガ。正直上巻だけ買った人は何だこれ?といって下巻を買わない可能性があるくらいのしろもの。


でもさこれが下巻になって劇的に変わるんだよ。見るからに薄幸そうな主人公幸江の不幸さを面白おかしく描いていただけの話が、幸江の過去をところどころでフラッシュバックしていく頃になると急激に幸江というキャラクターに血がかよい始めてくるんだ。


それからはまさに怒涛の勢いで幸江とイサオの人生が読者にせまってくる。この衝撃といったらないね。だって4コマ漫画だよ?ギャグ漫画なんだよ!?


そしてこの漫画がたどりつく崇高なる境地。ネタバレだけど書かずにはいられない。


−この世には幸も不幸もないのかもしれません
 
−なにかを得ると必ずなにか失うものがある

−なにかを捨てると必ずなにか得るものがある

−たったひとつのかけがえのないもの、大切なものを失った時はどうでしょう・・・

−私たちは泣き叫んだり立ちすくんだり・・・

−でもそれが幸や不幸ではかれるものでしょうか

−かけがえのないものを失うことは、かけがえのないものを真に、そして永遠に手に入れること!

−私は幼い頃、あなたの愛を失いました。

−私は死にもの狂いで求めました。求め続けました。

−私は愛されたかった。

−でもそれがこんなところで自分の心の中で見つけるなんて・・・

−ずっと握りしめてきた てのひらを開くとそこにあった。そんな感じで。

−おかあちゃん これからはなにが起きても怖くありません。勇気がわいています。

−この人生を二度と幸や不幸ではかりません

−なんということでしょう 人生には意味があるだけです。

−ただ人生の厳粛な意味をかみしめていけばいい。勇気がわいてきます。


幸江のモノローグです。この大感動のクライマックスをぜひ味わってみてください。YouTubeの自虐の詩特報もおいておきます。




追記・・・どうやらあの蛭子能収さんが自虐の詩に出演しているようです→蛭子能収の日記
なんというか自虐の詩の世界にピッタリです・・・・(イラストもあります)
posted by シンジ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。