2009年03月15日

劇的なる日常・Jリーグ

2009年3月14日(土)14:02キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3−1(前半1−1)FC東京
得点者:4分阿部、13分オウンゴール(FC東京)、48分エジミウソン、83分ポンテ
入場者数:50,802人

いや〜ひさびさに面白かった。もう面白いくらいパスが回る回る。


後半のある時間帯なんてレッズのパスワークの練習か?と思えるくらい回しまくっていた。


実際、FC東京の羽生が「無意味に走らされた」。石川直宏は「浦和は一人ひとりが技術が高く、今日のようなピッチコンディションでもボールが繋げる。今日は浦和に自分たちがやりたいサッカーをされてしまった」。城福監督は「トータルで見たときにボールをまわされて翻弄されたという印象」


相手チームからこんなコメントが出たのってなんか初めてのような気がするんですがw ただ見てて面白くはなってきたけど、まだまだ強いという感じはしない。


今はフィンケイズムを体に染みこませている段階でいやらしいほどの強さはない。今この段階でガンバなどの強豪と戦ってもかなり不利な戦いを強いられるだろう。


でも確実に成長してるし、美しく成長してるクラブを応援できるのは最高の喜びだ。


しかもどんどん若手が出てくるんだからたまらない。原口元気は鹿戦よりはるかにいいプレイが多く、フィンケ爺ももう少し我慢して元気を使ってほしい。


山田直輝はまるで小学生みたいなのにプレイは落ち着いていて、いいパスをビッシビシ通してアシストも決めてしまった。啓太もうかうかしてると直輝にポジション取られるかもよ。





さっき漫画のジャイアントキリングを読み終わって、とてもいい作品だと思ったんだけど、でもこの作品で描かれるETU(イースト・ トウキョウ・ユナイテッド)というクラブよりよほど劇的な歴史をレッズは歩んできてるし、レッズだけでなくほとんどのJのクラブの関係者やサポは毎日のようにこの漫画よりも濃いフットボール人生を歩んできてるんだよ。


この漫画を読むとこの漫画が特別なんじゃない、Jリーグという日常そのものが劇的で特別なんだとわかる。たとえば今ETUよりはるかにエキサイティングな経験をしてるのがモンテディオ山形だろう。ETUなんかとは比べものにならないくらいの弱小クラブが苦難の道のりを経てJ1で好調なスタートを見せた。モンテディオ山形の興奮はジャイアントキリングの興奮をはるかに上回る。


傑作漫画よりも興奮するものが我々のすぐそばにある日常に存在する。
posted by シンジ at 16:57| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

こりゃ今年も苦労しそうだorz

2009年3月7日(土)16:04キックオフ・カシマスタジアム
試合結果
鹿島アントラーズ2−0(前半1−0)浦和レッズ
得点者:22分野沢(鹿島)、51分マルキーニョス(鹿島)
入場者数:37,878人


前半はフィンケらしさがじゃっかん見られたかな〜という感じで失点自体も縦ポンマルキいってらっしゃいというしょーもない失点だったので気にはしなかったが


後半はあの悪夢の昨シーズンと何ら変わらない姿をさらしがっくりきた。


しかし相手は完全に完成されたチームなので本当の評価は次節に持ち越した方がいいだろう。


ただ次節の相手瓦斯はこの試合を見てレッズのことを与し易い相手と考えてるだろうな〜。


今の中途半端なフィンケサッカーは簡単にカウンターを許す。レッズの対戦相手はどこも徹底的にカウンターでくるだろう。


そしてカウンターで1〜2点取られたらもうレッズにはその点差をはね返すことのできるアタッカーは存在しない。


今のレッズには真の意味での点取り屋がいないんだ。


去年駄目だった選手が今年は見違えるように化けた、なんて都合のいいことは現実には起きない。


今シーズンの移籍解禁は夏頃になるのか?その頃にFWを緊急補強でもしないかぎり相当厳しい。


去年は我慢に我慢を重ねたけどやっぱり駄目だったという年だったが、今年は我慢に我慢を重ねたおかげでよかった、というシーズンにしたい。
posted by シンジ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

フィンケの練習方法

元読売サッカークラブのコーチで現フットボールジャーナリストの湯浅健二氏がフォルカー・フィンケの練習法の一端をレポートしていましたので2001年の古い記事ではありますがコピペします(無断引用ご容赦)


ーフォルカーは、生理学をベースにしたコンディショントレーニングを粘り強くつづけ(もちろん常に血液を採取するなど!)、大きな成果を挙げています(比較的小規模なフライブルクを一流チームと言えるまでに押し上げた!)。

フォルカーの講演ですが、内容は多岐にわたっているし、フライブルク大学の生理学研究所と協力して実施しているコンディショントレーニング(コンディションテスト)は、本当に専門的(生理学的)なことなので、ここでは細部までレポートしませんが、当たり前のこと(基本的なこと)を、我慢強く、地道につづけることが、最後には大きな実を結ぶ・・という「歴史が証明している正論」を、改めて認識した次第。

 もちろん彼は、ボールを使った戦術的なトレーニングでも、効果的にスピード持久力やパワーを上げる工夫を凝らしています(効果的な「無酸素」戦術トレーニング)。そのプロセスを通じ、戦術的なトレーニングでは、「3対3」、「4対4」において、血液中の「ラクタート(乳酸)値」がもっとも高まる・・、選手たちに「数字の情報」を与えることは、彼らにとっても大きなモティベーションになる・・、苦しいスピード持久力トレーニングでは、常にペアを組ませ、互いにモティベートさせたり、指示を出し合うことによって、選手たちの「自分主体の意識」を大きく高揚させることができる・・、トレーニングの内容を常にビデオにおさめ、それを選手たちに見せることで、「より効果的な情報(選手たちにとってのポジティブな刺激!)」を与えることができる・・等々の「経験に裏打ちされた自分なりの真実」を積み重ねていったというわけです。
湯浅健二のドイツ便り・・その(3)・・(2001年7月10日、火曜日)より抜粋



フィンケの理路整然とした具体的な内容の話にすべてのレッズサポはワクワクしているでしょうが、実際どんな練習をしているのかは伝わっていません。そういう意味で湯浅氏のレポートは貴重なものではないでしょうか。


とくに乳酸値などの科学的なデータを選手に提示してそれによって選手のモチベーションをあげるという手法は興味深い。
posted by シンジ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

フィンケでご飯三杯

422 名前:U-名無しさん@実況はサッカーch[] 投稿日:2009/01/18(日) 20:27:18 ID:gKkdLCjD0
RP
今日はたくさん選手のコメントがあるけど、その一部抜粋

セルヒオ・エスクデロ
「今日は今までのレッズでは見られなかった事もあった」
「この中からベストの11人を選ぶ監督は可哀相ですね」
「前まではボールを持つと出しどころを迷う事があったが、どこでもパスコースがあったし、後ろからも飛び出してくる。選択肢にバリエーションがあった」

原口元気
「監督が目指しているのと自分が好きなサッカーが合っていると思う」
「自分としてはユースのサッカーと似ているなという感じがする」
「レギュラーを目指して頑張りたい。エジと高原さんには負けたくない」


これだけでご飯3杯いける



オジェック、ゲルト時代は憂鬱でフットボールに対する愛が冷めかけていたが・・・フィンケ爺を信じてもいいのですか?いや、信じたい。
posted by シンジ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

緊張した死ぬほど緊張した・ACL浦和レッズ

2008年10月8日(水)19:00キックオフ・万博記念競技場
試合結果
ガンバ大阪1−1(前半0−1)浦和レッズ
得点者:22分細貝、81分遠藤(PK)(G大阪)
入場者数:17,166人


万博まで行かれたサポの方お疲れ様でした。現地ではさぞ胃が痛むような緊張感を体験されたでしょう。


自宅の画面に向かってる自分も死ぬほどの緊張感を味わいました。


これがACLアジアチャンピオンズリーグなんですね。正直毎週こんな緊張感だと身が持ちません。


しかしフットボール、サッカーというのは凄いスポーツだと実感する。


別に自分の命や安全が脅かされてるわけでもないのになんでこんなに胃がキリキリと痛むような恐怖感にさいなまされなければいけないのでしょうか(笑)


それも普段見慣れたクラブガンバ大阪相手に。けっしてレベルが高いとはいえない試合で。


それがフットボーラーにとって極限の緊張を強いるビッグタイトルのかかったトーナメント戦の魔力なのでしょうか。


相馬の突破、萌のゴール素晴らしかった。でもACL次戦10/22(水)には二人とも出られないんですね・・・


多分次戦で私死ぬかもしれませんw
posted by シンジ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

アジアチャンピオンズリーグに夢中・浦和レッズ激勝

2008年9月24日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2−0(前半1−0)アルカディシア
得点者:31分相馬、54分闘莉王
入場者数:41,790人


ACLオモロ〜!!最高に緊張して最高に興奮する、これがフットボールだよ!


しかもゲーム内容は今期最高、今年一番の大勝負で今年一番のベストゲームなのが凄い。やっぱレッズは何かもってる!


シェフ(相馬)が最近キレキレ、しかも外国相手のほうがやりやすそう。外国のクラブのほうがやりやすいというのは本人も言っていて


ー相馬は「うまく力を抜いて、いいところに決まった」と先制点を誇った。手の内を知り尽くした国内チームより、外国クラブのほうがやりやすいという26歳。「中東のチームとか、大味だから」。この日も持ち味の鋭い突破で左サイドを何度も駆け上がった。昨年はACL制覇でクラブワールドカップ(W杯)に出場した。相馬は自身の高い技術のゴールに「スコールズが結構やってる。おれにもできる」。今年の欧州王者のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の名手を引き合いに出し、ニヤリと笑った。もちろん今年も世界の舞台へと思いをはせる。ーサンスポ


相馬のゴールはおそらく今年の日本サッカー界全ゴール中のベストゴール。これほど美しく高度なゴールはめったに見られない。



このゴール以外にも前半の攻撃の構築っぷりは見事で普段リーグ戦ではみられないような流れるようなパスワークがみられた。


高原はゴールこそなかったものの今期最高のプレイ、エジミウソンも体を張ったプレイをみせてくれて後半退く時はゴール裏からの大エジミウソンコールも出た。


そしてなんといっても今期絶不調だった山田さんがフィジカルモンスターっぷりを発揮。アルカディシアの中盤の要ケイタを押さえ込んだ。


そしてトゥーリオこそはうちの要、レッズはトゥーリオいなかったらマジでやばい。


しかしACLめちゃくちゃ面白え〜、もうACLに病みつき。普段のリーグ戦が日常ならACLは非日常の空間。この興奮と緊張は毎年味わいたい。


某掲示板よりもらってきた。
up38588.gif


posted by シンジ at 06:37| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

REDS NAVI 発言集

◆テレ玉 REDS NAVI(9/13) 発言集◆

湯浅「エジミウソンは邪魔な選手」
菊原「ホームの戦い方を変えて欲しい」
菊原「ポンテを代えてはいけなかった」
吉沢「サポーターは歌うたってる場合じゃない」
信藤「ゲルトはコーチで頑張れ」&吉沢「監督向きじゃない」
信藤「僕はプロフェッショナルな指導者」

大澤「レッズは補強に失敗したと思う」
湯浅「レッズのマネージメントは最低ってみんな思っている」
湯浅「フロントにパイプがない、チャネルが少ない」
湯浅「フロントは代理人にいいようにやらせて甘い汁を吸わせている」
大澤「混戦の元凶はふがいないレッズ」
吉澤「フロントはサカつくをやれ」

慈英蘭「今日はいままででいちばん楽しかったです」
posted by シンジ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

五右衛門が欲しい・・・浦和レッズvs磐田

2008年8月23日(土)18:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3−1(前半1−1)ジュビロ磐田
得点者:42分カレン ロバート(磐田)、44分ポンテ、57分平川、89分高原
入場者数:45,253人


やっぱ達也がいないと並みのチームだな。達也、ポンテ、阿部、トゥーリオがそろって強豪クラブ。


さらにここに怪我のアレックス、今はなきワシントンがいればスーパークラブになるんだけど・・・。


オジェック時代や今シーズンの最悪期はなんとか脱したかな?なにしろ以前は試合がつまらくてつまらなくて苦痛だったけど、最近の試合は選手のハートが見えるというか、見てて面白くなってる。


まあこれがアジアチャンピオンだ!と胸を張っていえるような状態ではまだないけどね。


磐田との試合では駒野友一こと五右衛門が良くて、来シーズンの獲得第一候補に俺の中でなった。つーかシェフやられすぎ。


平川さん山田さんには悪いけど右サイド駒野は絶対にレッズに欲しい。


達也はキレキレ、達也がいなかったら今シーズンのレッズはとっくに終戦してる。


そしてポンテさんが復調すればなんとかACLでもやっていけると思う。磐田戦でもところどころひらめきを見せてくれたしね。
posted by シンジ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

戦術は田中達也・浦和レッズ

2008年7月5日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2−0(前半1−0)FC東京
得点者:3分エジミウソン、88分永井
入場者数:49,218人

前半はえっ!?これがあのひどかったチーム?と目を見張り。


後半はいつものグダグダチームに戻って、でもなぜか追加点を取って勝つというw


まあホントは笑い事じゃなくてスクランブル状態(by早野)なんですけどね.


正直言ってまだこのクラブを信じられない、これから場合によっては急降下もあると思う。


この試合についてはスポーツナビの−まさに「戦術は田中達也」という記事を読んでください。


達也がいれば急降下はないでしょうが、達也が怪我をすれば中位に沈むことも十分にありえます。


それが今の浦和レッズです。
posted by シンジ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

イビチャ・オシムアドバイザー就任記者会見の言葉に酔う

J's GOALにオシムさんの会見全文がのっていますのでぜひ読んでください。あいかわらず頭脳明晰、しゃべり言葉がそのまま名文にもなっています。



【イビチャ・オシム氏アドバイザー就任記者会見】


忘れてはいけないのは、サッカーはただ戦えばいいというものではないということです。ある種の知識、技術を身につけなくてはいけません。美しいサッカーをしたければ特にそうです。世界にはたくさん紛争や戦争がありますが、サッカーだけは戦えばすむというものにはしたくないんです。−イビチャ・オシム


レッズの監督になってくれないかな〜心からそう思うよ。

posted by シンジ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする