2008年05月04日

結婚に関するメモ

離婚して1年して思うこと

心に引っかかったのでリンク



夫婦はゆっくり他人になる。

血縁者はいきなり他人になる。
posted by シンジ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

Perfume論争

愛する浦和レッズがひどいことになっておりますが、そんな鬱を癒してくれるのがPerfumeのアルバム「GAME」です。


素晴らしい作品に仕上がっておりPerfume自体も大ブレイクしているみたいですが、案の定ネット界隈ではちょっとした論争がある模様。


Perfume GAME の失敗


「Perfume『GAME』は失敗した」とか言ってる人って、単に「エレクトロ」が苦手なだけなんじゃないの?


ポリリズム以降の新参であり音楽的知識にもとぼしいのでこの論争に突っ込みを入れられないのが悔しいのですが、これを映画に置き換えるなら多少はわからないでもないかと。


90年代の北野武映画は当時の映像表現の極北、先鋭化の極みにあり(「3-4×10月」1990「ソナチネ」1993)それは日本映画界だけではなく世界映画史的に見ても先鋭的だったのは世界中の映画評論家に聞いてみても同意してくれると思う。


それが「HANA-BI」(1998)以降北野映画が一気に大衆化する。「HANA-BI」以降というより事故以降といったほうがいいか。


多くの北野映画のファンやその支持者たちはその変貌に驚き、失望し、離れていった。


先鋭化から大衆化へというあまりにも平凡でわかりやすい変化(というか退化)に俺もガックリきたことをおぼえている。(そしていままた先鋭化への道を切り開こうとして苦しみあがいている北野武の姿は嫌いではない)


今、Perfumeの古参ファンはその真逆の変化、Perfumeの音楽的スタイルの大衆化から先鋭化への変化に失望しているのではないか?


Perfume自体はどんどん人気が出て大衆化していくのに音楽のスタイルはかっての中田ヤスタカ風J-POPのキュートさから離れて洋楽風エレクトロにPerfumeの声をつけたすだけになってしまっている(Take me Take me、Butterflyなど)


このPerfume自体の大衆化と音楽のスタイルの先鋭化の乖離が新参には面白いのだが、古参の先鋭化がださいと思う心理は実に興味深いし面白い。









この前の浦和大宮戦を書こうと思ったけど罵詈雑言になりそうだったのでやめました。はっきりいえるのは今までのレッズはスーパーなFW(エメ、ワシントン)がいたせいで数々の問題を覆い隠すことができていただけで、並みのFWでその問題が一気に噴き出たということ。(並といってもアジア基準ではトップレベルのFWですが)レッズが真のビッグクラブになるための分岐点に今年はなるのかな。と、いいつつ夏の補強でまたスーパーな選手を獲得して問題が覆い隠されタイトルを取る可能性が高いのも事実ですがwはっきりいえるのは今年のタイトルは相当厳しい。でもレッズが根本から変わるのならそれも甘んじて受けますよ。
posted by シンジ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

チベットと報道ステーション加藤千洋

チベット弾圧についてこのふたつのサイトを見ればわかりやすいのではないかと思いリンクします。

現在のチベット騒乱までの流れがざっと分かる漫画ーフテキセツなブログ

チベット問題に厳しい視線をーかなろぐ


かなろぐでは報道ステーションの加藤千洋氏の発言をとりあげていてその発言内容に驚きます。良心がないんだ、この人には・・・・・


朝日新聞論説委員の加藤千洋氏は2005年11月3日に放送された「報道ステーション・加藤千洋チベット紀行 絶景天に浮かんだ湖…極秘の横断鉄道撮った」では下記のような発言をされています。
「やあ。ここら辺の人は、もうすっかり漢民族ですね!(^^」
「チベットは中国に“併合”されたわけですが・・・」
「この店の主人も漢民族です。ニーハオ!(^^)」
「ここポタラ宮は、今も中国政府がしっかり管理していますね」
「中国化に拍車がかかり、軍事的にも大きな意味が出てくるんでしょう」
「西部大開発はチベットにとって歴史的なチャンスなんです」
「いや〜、チベットの発展はめざましい。 ポタラ宮が無かったら、中国の他の街と見分けがつかないんですけどね」
posted by シンジ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ボイコットしないか?

amnestyringsmini.jpg

大きいサイズはこっち
amnestyrings.jpg



チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪その1


チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪その2
posted by シンジ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

読売グループの総力あげて麻生を潰すとナベツネは言った

政治には興味ないけど興味深いエントリーをみつけたので貼っておく。


読売グループの総力あげて麻生を潰すとナベツネは言った
http://d.hatena.ne.jp/essa/20070918/p1


反麻生の筆頭は朝日だからまさか読売がそういう情報操作するとは意外だったな〜


政治って怖いね。かかわるのや〜めたw
posted by シンジ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

カート・ヴォネガット「タイタンの妖女」を読め!

小説家のカート・ヴォネガット氏が死去−スポーツ報知より


映画ヲタの俺は映画こそ最高の芸術形式だと思っていた。


だがそれはヴォネガット氏の「タイタンの妖女」を読んでひっくり返った。


2年前にはじめて「タイタンの妖女」を読んだ時の衝撃をブログに書いた。それをヴォネガット追悼の意をこめて再掲載したいと思う。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−

このブログは映画日誌なのだが、かまうことはない。絶対に読んでほしい本があるからその本のことを書く。


俺は映画こそが最高の芸術形態だと思ってきた・・が、この本カート・ヴォネガット・Jrの「タイタンの妖女」を読んでその自信はゆらいでいる。


俺みたいな凡人が100年200年考えても絶対思いつかない様な空前絶後のストーリー展開に絶句する、マラカイ・コンスタントの壮大かつ悲惨な生涯。


いったいなんなんだこれは!?いままで想像したことも考えたこともないようなことが次々と眼前に立ち現れては俺の脳みそを揺さぶる。


かといって決して支離滅裂な作品ではない。一本筋の通った骨太の作品なのだが、問題なのはあまりにもスケールがでかすぎるということだ!


ヴォネガットさん、あんたよくこんなすごいこと考えたな〜。あんたは天才だよ、それも並の天才じゃない、超ド級の天才だ!


このめくるめくような壮大なストーリーだけでもこの作品は歴史に残っただろう、だがこの作品のラストシーンに俺は完膚なきまでに打ちのめされ映画を超えた至高をみた。


マラカイ・コンスタントのあまりにも悲惨な末路に私は流れる涙を止めることができなかった・・・悲しすぎて泣いたのかって?ちがう!あまりの幸福に、あまりの美しさに泣いたのだ!!


矛盾しすぎているだって?読めばわかる、この強烈な感動は映画では決して味わえないものだ。悔しいが認めざるを得ない。
2005.11/3
     
−−−−−−−−−−−−−−−


タイタンの妖女をまだ読んでない人を心の底からうらやましいと思う。


これからあの人生を一変させるかもしれない衝撃と出会えるなんて、なんて幸運なんだろう!

posted by シンジ at 07:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

衝撃ドラゴンクエスト9は任天堂陣営へ!ソニー脂肪

h-103_64336_500.jpg (〓〓〓〓).jpg


いや〜映画とサッカーのブログなのになんでこんなこと書いているんでしょうか?


でもそれぐらい衝撃的なニュースなので。えっ!?たかがゲームソフトでしょ?・・・という人は甘いな。


ドラゴンクエスト9がNINTENDO DSででるということはゲーム史的にもビジネス的にもビッグバン級の大事件なんですよ!


俺みたいな素人の説明よりこれを読んでみてください→発熱地帯


とくにこの
・据置→携帯シフトが進んでいる。据置ゲーム機に未来は無い。

・日本最大のオンラインゲームプラットフォームは今やDS(ライトユーザーの数、ボイスチャット標準、ローカル無線通信でネット環境が無くても近い遊び方が可能)。

・北米でも携帯ゲーム機市場が拡大していて、トップシェアはDS。

の3点が大きいかと。


やっぱ堀井雄二さんは凄い人だな。堀井雄二という一人の傑物の決断でこれまで様子見だった人たちもなだれをうって任天堂DS陣営に駆け込みそう。


この決断で事実上SONY PS陣営は完全に終わったとみていいでしょう。もうすでにPS2は終わりつつあり、PS3は始まる前に終焉しました。


いや〜でもこういうドラマティックな争いって大好き!もともと三国志好き、仁義なき戦い好きなものですから、いままでソニー陣営の後塵を拝してきた任天堂のすさまじい逆襲劇、そしてこの慈悲のかけらもないとどめの一撃にしびれる!
h-103_64356_11.jpg.jpg
スクウェア・エニックス和田組長と任天堂岩田組長がガッチリ握手。岩田組長がソフトの発表会に駆けつけ、コメントを出すのは極めて異例。『ドラクエ』シリーズの影響力の強さがあらためてわかる。(ファミ通.COMより)

これがいわゆるとどめの握手というやつです。仁義なき戦いでいうところの小林旭扮する武田が明石組に対抗するために神戸の神和会と縁組をし、菅原文太扮する広能昌三を破門においこむ・・・・えっ!?たとえがわからない?・・・つまりそれくらいすごいってことだけはわかってつかぁさい。


もっとわかりやすく言うと・・・いままで苦渋をしいられてきた任天極道が広域暴力団疎弐異(ソニー)組にむかってこう言い放ったのです。


「任天極道は芋かも知れんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで」


これに対し疎弐異組は


「おどれら、吐いたつば飲み込まんとけよ!」

と言ったと伝えられています−民明書房刊「ある勇気の記録」


これからもこのゲーム抗争からは目が離せない。


一応ゲーム動画と画面を置いておきます。
h-103_64336_dq1.jpg.jpg
h-103_64336_dq2.jpg.jpg

posted by シンジ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

男と女

123 名前:( ´∀`)ノ7777さん[sage] 投稿日:2006/11/09(木) 04:26:25 ID:nMNG+lO9
<女と言う生き物>
  うん。=いや。
  いや。=うん。
  たぶん。=だめ。
  私たちに必要よ。=私が欲しいの。
  あなたが決めて。=答えはもう分かってるでしょ?
  話し合いましょう。=文句があるのよ。
  それでいいわよ。=私は不服よ。
  この台所使いずらいわ。=新しい家が欲しいの。
  私のこと愛してる?=買いたいものがあるの。
  もうちょっとで準備できるんだけど。=まだまだ時間かかるわよ。

<男という生き物>
  ハラ減った。=ハラ減った。
  眠い。=眠い。
  疲れた。=疲れた。
  うん。その髪型いいね。=前の方がよかったような。
  その試着した服良く似合うよ。=なんでもいいから早く選んでくれ。家に帰りたい。
  映画でも見に行かない?=終わったらエッチしたい。
  晩ゴハンでもどう?=終わったらエッチしたい。
  退屈だな。=エッチする?
  愛してる。=エッチしよう。
  俺も愛してるよ。=よし、言ったぞ。さあエッチしよう。


んな、みもふたもない(苦笑)


でも事実だけどね!


・・・・・最近は阿部移籍するだの、しないだの、で踊りつかれたよ。


posted by シンジ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ただいま長澤まさみオールナイトニッポン放送中!!

オープニング、星泉のセーラー服と機関銃をかけて、曲終わりに唄うまいですね〜と自画自賛www


みんなも聞けよ!
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

終わった〜


ゆうこりんのものまねがうまかった。まぁじゃっかんバカにしていたのだが(笑)


内容は恐ろしいほどなかったが、堪能した。声をきいてるだけでうっとりするな←バカ


しかし何年ぶりにオールナイトニッポン聞いたんだろう。長澤まさみちゃんが出ていなければオールナイトニッポンなんて聞かないで一生を終えたかもしれなかったのに。


他に書くこともないので長澤まさみちゃんに関する記事を置いておきますね。
涙そうそうの批評
http://runsinjirun.seesaa.net/article/24913819.html

ラフの批評
http://runsinjirun.seesaa.net/article/23001770.html

クイックジャパンの長澤まさみ特集について
http://runsinjirun.seesaa.net/article/22440858.html

セーラー服と機関銃の感想
http://runsinjirun.seesaa.net/article/25572190.html

posted by シンジ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

最強はどっちだ!?塩田剛三vs地上最強の猿

知る人ぞ知る史上最強の武術家塩田剛三
ウィキペディア(Wikipedia)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%94%B0%E5%89%9B%E4%B8%89


その映像がYouTubeでみられる。



す、すげぇ・・・・。グラップラー刃牙の世界が現実に存在するんだ・・・。


まるで嘘みたいな動きだが、ロバート・ケネディが本物と認めているんだから本物だろう。


さて次の映像は地上最強のこのお方。



つ、強え〜!!この身のこなし、スピード、命をかえりみない度胸のよさ。すべてにおいて最強の称号にふさわしい。はっきりいってこの猿が人間だったら、天下獲ってるから。
posted by シンジ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする