2008年05月18日

エキサイティングマッチ・浦和レッズ

2008年5月17日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ2−3(前半0−2)ガンバ大阪
得点者:17分中澤(G大阪)、44分山崎(G大阪)、53分梅崎、68分遠藤(G大阪)、79分エジミウソン
入場者数:57,050人


負けたとはいえ今期一番の試合だったのではないか?おそらくここ数年で一番ガンバを押し込んだ試合展開にびっくり。


選手の間でもこれなら「いける!」という雰囲気が充満していたように感じる。


つまらないミスジャッジがあったものの(参考映像)



この内容なら勝てる、追いつけると思っていたのだが、いままでことごとく当たっていたゲルト采配が今回に限り失敗。


それでも素晴らしい試合内容だったのでこの負けはある程度納得している。


最後まで殺気だっていた選手たちの闘争心も頼もしく思う。


いい負け方悪い負け方などという言い方があるが、この負けは今年タイトルを取るうえで重要な負け、意味のある敗北だったんじゃないか。


といいつつ悔しいけどw


しかしいつのまにかこの2クラブの試合がビッグマッチになってるな〜。それくらいピリピリした緊張感、そして怒りや歓喜などの極端な感情が爆発する場所になってる。


■試合前
1.南スタンド側(ココは一般サポが占めているエリア)に向けてガンバサポが
中通路のバリケード際で試合前から挑発行為。そしてウンコレッズコール。
 BBの中心の一人がメガホンを持ってわざわざ緩衝地帯にまで来て挑発行為を繰り返し行っていた。
2.レッズ選手紹介時に「We are GAMBA言わないからねっ!」と挑発の弾幕
3.選手入場前に南スタンド側にガンバサポが水風船およびペットボトルを無差別に投げつける。
少なくともペットボトルは10本以上は飛んでいた。
また選手入場時でビュジュアルを行う際に使用する旗も何本か同時に投げられていた。
更にBB?と思われる3〜5人が柵を破壊する様な行為を行った。
412 名前:U-名無しさん[] 投稿日:2008/05/17(土) 18:20:03 ID:eiUksirKO
南に居た。水風船直撃食らった。うちの子2人はびしょびしょになりながら反撃に行こうとしたので、とりあえず止めた。
だけど母親としては、子供やられて腹の虫がオサマラナイから、やつらに呪いをかけた。ガンバサポ全員水難にあって死んでしまえ。
■試合中
4.ガンバが得点する度にまたBと同様な行為を行う。そして爆竹も。
 そして旗竿まで投げ込まれる。
 ※実際に前半は2点入ったので、2度行われた。
なおかつここでもペットボトル5本程度が投げ込まれているのを確認できた。
■ハーフタイム
5.ガンバサポが試合前と同様に南側スタンドにいるレッズサポへ挑発行為を行う。
■試合後
6.ガンバサポがウンコレッズコール及びに、水風船投げ込み。
なおかつ浦和の選手に向けてペットボトル投げ込み。
7.浦和の選手に向けてペットボトル投げこまれたタイミングで靴・指が南に到着。
双方ペットボトルや竿の投げ合いに。
8.沈静化と思いきや今度は出口方面で乱闘が発生。
※ガンバサポの転落について
最前列の柵から緩衝帯超えようとしたみたいだったがほぼ自爆に近い状態。


自クラブを応援するより他クラブの家族連れなどを挑発するサポはアウェー席なしでいいよ。



posted by シンジ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック