2008年04月14日

永井雄一郎神降臨の巻

2008年4月13日(日)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2−0(前半0−0)鹿島アントラーズ
得点者:49・89分永井
入場者数:54,450人


まさにヘブン状態!永井雄一郎神降臨の巻。


ひさびさのビッグマッチ感。胃が痛くなるような緊張を感じた。これがフットボール、これがJリーグ。


前半トゥーリオをトップ下で使ってくる奇策・・・・は見事にはずれ押し込まれ放題。はっきりいってこういう展開になるのは予想していた。


今の鹿島とレッズとではチームの完成度が違いすぎる。


それでも高原をはずし、永井を投入すれば風は変わる・・・とほとんどのレッズサポが考えていたことをゲルトは実行する。


そして一変。永井神が入った途端流れは一気にレッズへ。点を取った後はいつものグダグダに戻ってしまったけど緊張しまくっていて早く試合終われ〜と念じていたのでさほど気にならず(笑)


そして早く時間よたて〜と念じていたらあれよあれよと言う間のスーパーゴール。感情の爆発を体験しました。


永井は腰痛にもかかわらずキレキレ。右サイド鹿のDF2人を2度ほどドリブルでぶち抜いていましたね。


しかし昨日は不思議だったな〜。試合内容が悪くてもこんなに感情を爆発できるもんなんだね。試合内容が良くないと楽しめないというサッカーファンは嘘だな。


でもこれから内容も少しずつ上げていかないとね。今は監督が代わったばかりだし怪我人も多いから大目にみてるけど。


おまけ・・・・某所のごく一部だけで流行ってる永井王子のヘブン状態をどうぞ(笑)


reds7843.jpg

元ネタ
67c6f51e.jpg
posted by シンジ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック