2007年08月14日

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーと大人帝国と時かけの類似性

NHKBSの「とことん!押井守」これだけは絶対見逃せないのは当然「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(1984)


一体何年ぶりに観たのか記憶も定かではないが、やっぱりすごい作品でした。と確認すると同時にこの映画は現在でも通用すると確信。


というか今でも影響を与えている。たとえば「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! 大人帝国の逆襲」や細田版「時をかける少女」の思想性、テーマ性はビューティフル・ドリーマーと同じように俺には思える。


つまり自分にとっての幸福な時間や記憶を閉じ込めてしまい、その中で永遠に暮らす。未来を遮断し、幸福な記憶の中だけで生きたいという人間なら誰しもが持つ欲望を具現化した作品なんだよね、いずれの作品も。


うる星やつらビューティフル・ドリーマーでは学園祭前日というもっともワクワクする楽しい時間が延々と繰り返される。それはラムの願望が夢邪鬼によって具現化したものであった。


クレしんの大人帝国ではケンとチャコによる一種の洗脳革命によって美しい記憶の中で生きよう、醜いだけの未来なんてもう必要ないんだよ、というきわめて吸引力のある誘惑に満ちた世界観を提示。


時をかける少女の真琴は過去へのタイムリープを駆使して楽しい時間を何度でも繰り返す。気にくわない未来はリセットして過去に何度でも戻ってやり直す。


いずれもビューティフル・ドリーマーと似通ったモチーフだろう。


そして大人帝国も時かけも過去の美しい記憶の中に閉じこもるのではなく未来に向かって歩き出そうという前向きなメッセージで幕を閉じる。


それは映画として、また現実的にもきわめてまっとうなあり方だと思う。


だがビューティフル・ドリーマーだけがそれらの作品と一線を画すのは、ビューティフル・ドリーマーだけがいまだに学園祭前日を繰り返している(それは今も!)ということにつきる。


・・・ということをアニメ夜話を見て初めて知った!


なぜ映画のラストではじめて「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」というタイトルが出て終わるのか。


なぜならこのラストこそが映画の真のオープニングであり、映画の冒頭に円環しているからなのだ。


長年の疑問・・・なぜ映画冒頭の諸星あたるはひとりだけ呆然としているのか?→ループしていることに気づいて愕然とするあたるの姿だったんだね!


いや〜アニメ夜話見てはじめてよかったと思ったw


かくしてラムの幸福、学園祭前日は延々と繰り返され未来は永遠にやってこない。


未来がやってこないということは別離も死さえもない世界ということだ。


それこそ大人帝国のケンとチャコが勝利した世界、時かけの真琴が望んだ世界だったんだ。
posted by シンジ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51304455

この記事へのトラックバック

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー                  
Excerpt: 私は押井守監督の作品が好きだ。 先日、BS放送で押井作品の大特集をやっていたらしい。 人気作品を沢山放映するだけではなく、 監督へのインタビューやゲストを呼んで感想を聞いたり、 作品の人気投票..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-08-21 22:23

大人コミックのランキングサイトはこちらがおすすめ!
Excerpt: 電子コミックの配信サイトでは、人気順にランキング化されてはいるものの。 大人コミックを見ても、たくさんあってどれを選べばいいのか迷ってしまう。 そういうことってありますよね(;^ω^) そん..
Weblog: おとなの童話が無料立ち読みできる!
Tracked: 2016-02-21 16:36