2012年09月13日

北野武の主治医

最近のたけしさんは、まわりで見てても「どんだけ働くんですか!?」っていうぐらい、めちゃくちゃ働いてる。
「俺、頑張ってるだろ」
自分でもちょくちょく、そう言ってるぐらい。
いまから7、8年前ぐらい前の一時期、あまり体調が芳しくなかった頃は、
「いいよ、こんな仕事やりたくねーよ」
って言ったり、
「やめようかな・・・」
そう言い出したこともあった。それまでにも「引退」に関してはよく口にしてたけど、この時期のたけしさんは心底疲れ果てて、
「もう全部、面倒くさいから辞めたい!」
そういう感じがした。
それがここ2、3年、自分でも感心するぐらい働くようになったのは、体の調子が良くなったことも大きいだろう。それに、主治医の先生のお陰もある。
いまから10年、いや、ひょっとして15年ぐらい前だったか、当時たけしさんの追っかけをやっていた女子高生だか女子大生と話す機会があった。どんな場面で、どんな話をしたのか、その詳細は忘れたけど、そのときたけしさんがこういったのを覚えている。
「女の子だからって結婚すりゃいいやって思って適当にやってるんじゃなくて、俺のギャグで笑ってくれるような子はきちんとやっててくれるような子がいいんだよな。だから将来的には、科学者とか病院の先生とかになれるような、そんな人になって欲しいな」
あれからずいぶん長い月日が流れたある日、日テレで番組の収録が終わって出てきたたけしさんに声をかけてきた子がいた。
「たけしさん、覚えてますか?」
そう言われてもわからない。
「昔、追っかけやってた・・・」
・・・・・・あ、覚えてる覚えてる。あのときの追っかけの子だ。
「あのとき、たけしさんに言われたから私、頑張りました!」
彼女はたけしさんの言葉を聞いて、頑張って勉強して医者になっていた。
当時、彼女にとって、たけしさんの声は“天の声”だった。たけしさんの言葉が、追っかけだった彼女の人生を変えた。世間からすれば“ただのお笑い芸人”だったかもしれない。でも、そんなお笑い芸人の言葉がその人の人生に影響を及ぼすこともあるのだ。
彼女はいまたけしさんの主治医になっている。彼女のお陰で、たけしさんの体調もすっかり良くなった。
「俺、なんで辞めようって言ったのかな?」
って言うぐらい。

ー「我が愛と青春のたけし軍団」たけし軍団編 ガダルカナル・タカ監修より
posted by シンジ at 18:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通りすがりのものですが、素敵な引用だと思いました。
Posted by フランス座 at 2012年10月16日 22:17
たけしさん、凄いな!
Posted by 小島 at 2014年02月11日 09:30
最近、たけしさん、体調はどうですか?テレビに映る感じが、体調が悪いときの時に近い様に思うのですが。お顔のむくみと口の動きが何か変に感じます。ご多忙の方です。ご本人も良くしゃべれてないみたいに話されていました。季節がら気候も変化の激しい時です。身近にいる方は北野たけしさんの体調に気をつけて下さい。
Posted by 順子 at 2014年03月03日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック