2006年09月24日

冨樫義博「HUNTER×HUNTER」休載の衝撃的理由

俺がこよなく愛する漫画。HUNTER×HUNTER。


漫画にひかれる理由はいろいろあるだろう。超絶的な絵のうまさ「バカボンド」「ベルセルク」。エンターテイメントとしての充実度「うしおととら」などなど。


ではHUNTER×HUNTERの面白さとはいったいなんだろう。俺はそれをプロット主義漫画と呼んでいる。


プロットは映画の世界ではおおまかなストーリーの意味に使われることが多い。だがプロットは物語とはまったく別なものである。


ここでプロットとストーリーの違いを小林信彦がなんと言っているか引用したいと思う。


−青年Aは知り合った女の子Bに惚れて、友人Cに紹介した。ところが、実は、BはCのフィアンセだったのである。
ごく単純な例をあげたが、これがプロットである。
プロットとストーリーは違う。ストーリーとは次のようなものだ。
−美しい女性Bは青年Cのフィアンセだった。そのBに、Cの友人Aが惚れた。
同じことを書いているようだが、プロットの方には<実は・・・・・>がある。−小林信彦


辞書でプロットPLOTを調べるとひそかな計画、(悪意のある)たくらみ、(…しようとする)陰謀、(…に対する)策略、とでる。


プロットとはストーリーのなかに“ある策略”をしかけることといっていいだろう。


HUNTER×HUNTERよりすぐれたストーリーの漫画、映画、小説はいくらでもある。


だがHUNTER×HUNTERはまさにストーリーのなかに“ある策略”をふんだんにしかけることにより他のストーリー漫画より一歩抜きん出た存在になっているのだ。


で・・・・・本題だが(笑)HUNTER×HUNTERの休載理由がわかった。岡田斗司夫のプチクリ日記をみてほしい。
http://putikuri.way-nifty.com/blog/2006/09/post_9909.html

「HUNTER×HUNTER」の連載を休みっぱなしの冨樫義博氏だけど、その原因が「子供のお受験」だという噂を聞いた。


えーっ!!!!嘘だろ!!!!!


でも冨樫先生ならありえるなとも思った。もう冨樫先生にとっては漫画より子供のほうが大事なんだよ・・・・・って、まぁあたりまえか・・・・・orz
posted by シンジ at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック