2009年10月25日

ヴィヨンの妻と亀山千広の覚悟

まずはヴィヨンの妻から。時代錯誤感ありありなんだけど堂々たる文芸作品でびっくり。およそヒットするような題材じゃないし、テレビ局が作るような作品でもない(フジテレビの亀山千広製作)。

貧乏くさい時代の貧乏くさい男女の関係を描いた作品なのに画面からただよってくるのは日本映画が豊かだった時代の贅沢な香り。

なにより美術やセットの作り込みが本物(美術監督種田陽平)柴主高秀の撮影も長田達也の照明も完璧。

ひさしぶりに日本映画のプロフェッショナルたちの本物の仕事を見た満足感がある。

しかし不思議なのはこの作品を利益優先のテレビ局が作ったということ。だってこんな地味な作品絶対ヒットしないなんて亀山はわかっていたはず。

かってメジャー映画会社が巨匠に文芸大作を撮らしていた時代があったが(市川崑とか何を間違えてか深作欣二とか)それを亀山千広が再現しようとしてることに妙な感動と亀山の覚悟を感じる。

もしかしたら亀山はフジテレビでの自分の立場が危ういということを知っていて、ヒットを度外視して自分が作りたい作品を作るという覚悟を決めたのではないか。でなければ劔岳やヴィヨンの妻のようなリスキーな企画に金を出さないでしょう。

毀誉褒貶する亀山氏の立場だが、どこか憎みきれないところがあるのも事実。大ヒットが確実視されるのだめカンタービレ以降どこに行き着くのか興味はつきない。

太宰治のヴィヨンの妻を読む、いや〜久々に思い出したわ。太宰を読んだ時のこのイヤ〜な感じを。最近はミステリとか映画関連の本しか読んでいなかったので、書き手の強烈な個性に横っ面をひっぱたかれる感覚をひさしぶりにあじわった、と同時に俺は太宰が嫌いだったんだということも思いだした。

その点映画は太宰の毒気を直接浴びなきゃいけない文章とは違ってより客観的にこの滑稽な男を眺める感じがあって、太宰は大嫌いでもこの映画は好きになれる。


話題変わって映画「カイジ」評

しかし藤原の演技はなんとかならなかったのか?悪夢のエレベーターでも感じたけど、舞台俳優の異様に力んだオーバーアクトを大きなスクリーンで見ることは拷問以外のなにものでもない。

カイジという異様な描写と世界観を持ったマンガを表現するためにオーバーアクトを選択したのだろうが絶対間違ってるって。

あと原作ファンに指摘されてるだろうけど、あのマンガ史に残ると言っても過言ではない“限定ジャンケン”をあのような形でばっさりとカットしたのは残念としかいいようがない。

あの奇跡のような“限定ジャンケン”がクライマックスのための単なるネタフリ、伏線として矮小化されてしまったのはガッカリにもほどがある。

あとクライマックスの天海とカイジとのトイレのやりとりで天海がカイジに金を出すことになるシーンの説得力のなさは異常。

それからラストの処理の仕方も絶対間違っている。最後一千万と数千円だけ残ったカイジは一千万円は死んだおっさんの娘に渡し、残りの数千円を握りしめて去っていくのが正しい映画のラストシーンでしょうが!!

今年は地雷だとわかっていたアマルフィや20世紀少年を見なかったので、このカイジがワースト候補なのは間違いない。
posted by シンジ at 23:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、はじめまして。
何年か前に亀山千広が言っていたんですが、
映画の成績は1本1本ではなくて何本かのトータルで考えているそうで、何本かコケてもそれをカバーするヒット作が1本あればいいという考えだそうです。
だからあんな冒険的な企画が通るのでしょう。
Posted by at 2010年02月01日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[映画☆☆☆☆☆]愛に願うこと「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
Excerpt: 監督:根岸吉太郎 脚本:田中陽造 撮影:柴主高秀 原作:太宰治 音楽:吉松隆 出演:松たか子 浅野忠信他 配給:東宝 雪に願うこと プレミアム・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオ..
Weblog: タニプロダクション
Tracked: 2009-12-06 23:13