2009年06月14日

なんて見事な人生だろう・三沢光晴

プロレス全盛時代を生きてきた(力道山世代じゃなく、見始めたのは鶴田の黄金時代からかな)

おぼえてるよ、あのあまりにも強大でプロレスの天才といわれたジャンボ鶴田にぶつかってはひねりつぶされていたレスラーのことを。

三沢が虎のマスクを試合中に取ったのは見逃したけど、絶対に勝てないだろうな〜と思っていた鶴田に超地味なフェイスロックではじめて勝った試合は見た。

その試合を境に三沢は全日の顔になっていく。俺は思い出す。やたらクルクル宙を飛ぶオレンジ色のパンツの線の細い青年とタッグを組んでいたっけ。

それからやたらと殺気のこもったキックをだす小太りのタイツのおっさんもよく三沢にからんできた。

三沢は全日の顔になりトップに立ったんだけど鶴田のような絶対的な強さを誇っていたわけではなかった。試合の中盤まではひたすら相手の技を受け見るものをハラハラさせた。鶴田的な盤石な試合運び、力でねじ伏せるところなんて見たことがない。

でも三沢には一発逆転の技があった。伝家の宝刀「エルボー」である。どんなにピンチになってフラフラの状態でもエルボー1発であっさり逆転する。それはまるで歌舞伎の世界。柴田錬三郎とかの剣豪小説の世界だ。一撃必殺という漫画的、剣豪小説的な醍醐味が三沢にはあった。

そしていつしか時代は過ぎ、三沢も第一線からしりぞくときが来た。あの線の細かったオレンジ色のパンツの青年はいつしか鶴田並みの強大な存在として三沢を追い落とす。小橋建太と三沢のタイトルマッチを見た。

おそらく三沢対小橋戦が今のプロレスの過激化路線を推し進めたのは間違いない。執拗なまでの頭部への直接攻撃。リング上から下のコンクリートへと技を繰り出す過激さにいままでこんなこと見たことないと熱狂した。

しかし時代はいつしか総合格闘技の時代になっていき、プロレスは衰退していく・・・

この間30年ほど。たった30年弱でプロレスが夜のゴールデンタイムに放送していた時からじょじょに衰退していき放送枠が深夜に追いやられ、K1やプライドの登場で死にかけそしてこの不況下で深夜の放送すらなくなってしまったという。

しかもそれがピッタリ俺の人生と合わさるように進行していく。成功から没落までまるで映画のようなストーリーが目前で進行していく不思議さ。三沢はそんな映画の主人公だったんだ。

まるでゴッド・ファーザーのようなゼア・ウィル・ビー・ブラッドのような市民ケーンのような壮大な物語を30年に渡って繰り広げてきた、その主人公は三沢光晴、あなただったんだよ。

三沢光晴。あなたの人生は上質の映画そのものだ。なんて見事な人生だろう。
posted by シンジ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック