2015年07月06日

きよちゃんへ。ザ・ノンフィクション中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜を見て

きよちゃんへ。ザ・ノンフィクション中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜を見て

2015年7月5日放送ザ・ノンフィクション中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜を見た。

nonf.jpg

内容は秋葉原の地下アイドル「カタモミ女子」にはまる中年男性の姿とアイドルの女の子たちを描いたもの。カタモミ女子はアイドルといっても日ごろはお客さんの肩をもむというアルバイトをしながらアイドル活動をしているという特殊な形態のアイドルだ。番組は53歳独身のアイドルファン「きよちゃん」とカタモミ女子のメンバーりりあを巡って繰り広げられる。

SnapCrab_NoName_2015-7-6_20-5-1_No-00.png
きよちゃん53歳独身。この人がまたいい人なんだよ

SnapCrab_NoName_2015-7-6_20-3-38_No-00.png
りりあちゃん。この娘さんがまたいい子なんだ。自分がお店にいると、きよちゃんに余計なお金を使わせてしまい心配だというのである。おっさんもファンになったわ!

この番組を見てなぜこんなにもつらく悲しい気持ちになり、激しく心揺さぶられたまま今に至るのか。(このノンフィクションのことを考え続け寝付くことができなかった)

それは人生のリミットというものに思いをはせざるを得なかったからだ。

リミットとは、ドルヲタのリミット、人としてのリミットでもある。きよちゃんは定年まであと7年というリミットがあり、もちろんいい年していつまでアイドルを追っかけているんだというリミットもある。そして応援しているアイドルもいつかは解散するというリミットもある。

アイドル本人たちにもリミットがある。カタモミ女子はカタモミ女子として活動することに未来が見えなくなっている。このままアイドルをやることが時間の無駄ではないかとさえ思っている。

この作品は三重、四重にも張り巡らされた現実世界の「リミット」の網の目を可視化しているがゆえに、同じように人としてリミットを意識せざる得ない中年男性ドルヲタである私自身の心を深くえぐるように突き刺すのです。

「リミット」というのはある種の「死」です。

年をとると人はいくつもの無数の死を通過します。それは比喩的な死もあれば具体的な死もあります。
私自身の経験でいうと、人は齢37〜8歳になると目に見えてガクッと体力が落ちます。特に日頃パソコンを使っている人はまず「目」にきます(眼精疲労という悪魔です)。それまで10代20代と同じように暴飲暴食し、体を酷使してきたのが、突然体がいうことをきかなくなる事を経験するのです。そのとき人は悟ります。「リミット」が来ているんだと。少し大げさに言うなら体が死ぬ準備をはじめているんだと感じるのです。

ザ・ノンフィクション中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜は「リミット」=「死」という「呪い」をはっきりと描いた作品です。

人間にはいつしかリミット=死という避けられないものが訪れる。私たちはその準備と心構えをしなければならない。それが人間にかけられた「呪い」なのだ。

年をとってから見る映画「スタンドバイミー」や「三丁目の夕日」がなぜこんなにも切なくまぶしく見えるのかの答えもここにあります。

子供時代はこのリミットをまったく意識することなく、この時、この場所、この学校、この遊びがいつまでも永遠に続くかのように錯覚できる唯一の時間なのです。「スタンドバイミー」や「IT(イット)」(スティーヴン・キング)などかけがえのない子供時代を描いた作品があまりにもまぶしいのは、リミットという呪いがかかっていない甘く輝かしい時が永遠に続くんだと何の疑いもなしに信じることができたからなのです。それは本当に魔法の時だったのです。

しかしそうした甘く香ばしい時代は一瞬で去り、いずれリミットが何重にも張り巡らされた世界を生きるほかなくなる。

それは絶望なのだろうか。そんな時、私はきよちゃんに薦めたい本があります。フランクルの「夜と霧」です。

そんな強制収容所の悲惨さを描いた本なんて暗くなるだけだから読みたくないよというかもしれません。しかしこの本は先の見えない絶望的な状況下でいかに生きるべきかというサバイバル指南書になっているのです。

フランクルは先の見えない絶望的な収容所内で次から次へ自殺していく同胞を見てきました。フランクルは精神科医らしく自殺していった同胞を観察して、彼らの特徴を指摘します。彼らはみな自分の外側に希望を見出していた人たちばかりだったことを。
「いつか助けがくるだろう」
「いつかこの状況は好転するだろう」
「いつか解放されるだろう」etc...
彼らはその期待があっさりと裏切られるやいなやみずからの命を絶っていったのです。

自分の外側の世界から希望がやってくると期待していた人たちはその期待が裏切られると簡単に心が打ち砕かれるのです。フランクルは考えます。希望が外側からやってくるという「期待」という考え自体があやまりなのだ。むしろその発想を逆転させて自分が世界からなにを期待されているのかを考えろというのです。そして実際にフランクルはその発想の逆転により収容所を生き延びることができた。

このことが示唆するのはなにか。それは心のもちようひとつで世界は実際に変わるということだ。

この番組を見ていい年したおっさんが30歳も年下の女の子にいれあげて気持ち悪いんだよという感想が世間一般のものだろう。

ーアイドルもアイドルオタクも気持ち悪いし、気持悪い同士仲良くやってりゃいいんじゃないの(はてなコメントより引用)


ー番組見たけどいい歳したおっさんが若い女の子に貢いだ挙句涙するって光景はキモいって感想しかうかばなかった。(はてなコメントより)


だが、きよちゃんと私たちドルヲタはフランクルにならい、そうした「外側」からの承認や救済を求めることはもうない。逆に世界が私たちになにを期待しているのかが問われているのだ。私たちは心のもちようひとつでこの世界を承認し、救済することができるのだということ。

そんなの幻想だという人もいるだろう。しかし古来から人の幻想=心のもちようこそが世界を変えてきたのではないか。マックス・ヴェーバーもプロテスタンティズムが資本主義を発展させたといっている。つまり人の心のもちよう=信仰心が世界を資本主義化したのだ。

きよちゃんは53歳にして家族なしの独身。アイドルにいれあげるのが人生唯一の楽しみという「外側」から見れば悲惨な人生なのかもしれない。おそらくきよちゃんはこのままずっと独身で、孤独死を迎える運命なのかもしれない。

米国、ルイスビル大学の研究グループは、世界中の約5億人のデータを
分析した結果、「独身者は早死にするリスクが高い」と結論づけた。
この研究によると、独身男性の寿命は既婚男性より8〜17年も短く、
独身女性は既婚女性より平均7〜15年短い。
また、独身男性の死亡率は結婚している男性に比べて32%も高く、さらに
独身女性よりも23%高いという。


しかしもう外側からの承認も救済も求めることはなくなったきよちゃんが死の床につくときに私はきよちゃんにこう言ってあげたい。

「つらいことや悲しいこともあったけど、アイドルを追いかけていたときは幸せだったよね。楽しかったよね。思い返せばそんなに悪い人生じゃなかったよ、きよちゃん・・・」と。(つい感情移入しすぎてきよちゃんを殺してしまったことをここにお詫びいたします)

少し感傷的、憐憫的にすぎたでしょうか。でもあまりにもきよちゃんやりりあちゃんに感情移入しすぎて心乱れてしまい、つい心のうちを吐き出すようなひどい文章になってしまったのもザ・ノンフィクション中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜が真に迫る力ある作品だったからということで大目に見てほしい。
posted by シンジ at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする